2015年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.01.29 (Thu)

アンサンブルインタビュー④ ディヴェルティメント ニ長調 K.136(126a)/モーツァルト

こんにちは!アンサンブルチェトラwebマスターの長沼です。 第四回目も、引き続き櫻木くんにお話を伺いたいと思います♪

Q.今回、学年混合アンサンブルで弾く曲はどんな曲ですか?
A.モーツァルトの「ディヴェルティメント ニ長調 K.136(126a) 」です。こちらは、前回話した シベリウスよりも難しい曲になっています。曲の難易度は高いのですが、中大オケの次期 トップや、以前トップをやっていたメンバーがおおく、みんな音楽経験豊富なので、毎回充実した練習ができています。

Q.なぜこの曲を選んだのか教えて下さい!
A.実は、シベリウスのディベルティメントは、1年生の時に1度、チェトラで弾いたことがあります。1年生の時というと3年前になるので、改めて4年生でやったらどうなるか、自分たち がどのくらい成長したのかを挑戦してみたいと思い、とりあげました。

Q.すでに何回か練習をしていると思いますが、アンサンブルの雰囲気はどのような感じですか?
A.経験値のあるメンバーが集まっているとはいえ、まだまだ練習不足なところがあります。どういう演奏をしたいのか、イメージをしっかり全体で共有して、アンサンブルを意識して練習していきたいと思います。

Q.今まで、何度もオーケストラと、アンサンブルで演奏をしている思います。
A.それぞれの持つ良さなどの違いを教えてください。 オケは、違う種類の楽器が重なり合って、いろんなハーモニーをつくれるのがいいところだし、むずかしいところだと思います。音の立ち上がりとか、音量の調整が難しいと思いまし た。 オケじゃない時は、ほかのパートとの距離が近いから、アンサンブルしてる感じが直に伝わってくるのがいいところだと思います。ただ、人数が少ない分一人一人の技量がめだって くるので、そこは練習しないといけないところです。いかに個人が曲をつきつめられるかが、アンサンブルの実力になると思います。


ありがとうございました〜!次回からはさらに少人数のアンサンブルにインタビューしてみようと思います♪

--------------------------------------------------------------------------------------------
第32回定期演奏会

2015年2月14日(土)
開場:17:30 開演:18:00
会場:パルテノン多摩 小ホール
(京王線・小田急線・多摩都市モノレール「多摩センター駅」より徒歩5分)
入場無料

URL:http://cetra.web.fc2.com/concert/concert.html
スポンサーサイト
15:00  |  cetra2015  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。